スポンサード リンク

今年2013年のボジョレーヌーボー解禁日は11月21日!

 ボジョレーヌーボー 2013年解禁日・・・ボジョレーヌーボーの全てをまるっと解説!   今年2013年も、ボジョレーヌーボーの解禁日が近づいてきました。

日本は世界有数のボジョレーヌーボー消費量大国です。と言うか、フランスを除けば世界一消費しています

普段ワインを飲まない方も、この時ばかりはついつい手を伸ばしてしまうのではないでしょうか?

スポンサード リンク

今回は、そんなボジョレーヌーボーに興味津々の皆様の為に、ボジョレーヌーボーに関する知識を集めました。

ボジョレーヌーボーの解禁日ひとつ取ってみても、その制定にはとても興味深い経緯があります。
ボジョレーヌーボーの定義とは?ボジョレーヌーボーの発祥の歴史は?
今年の出来も気になりますよね!

これを読めばあなたも明日からボジョレーヌーボー博士です!

それでは早速解説していきます。

目次

ボジョレーヌーボーとは?
1.特徴
2.ボジョレーヌーボーの定義
3.ボジョレーヌーボーの歴史と解禁日の秘密
・・ 発祥
・・ 製品としての「ボジョレーヌーボー」
・・ 解禁日の秘密
・・ 解禁のフライング
4.ボジョレーヴィラージュヌーボー

ボジョレーヌーボーの飲み方
温度
合わせる料理
鮮度
ホットワインもおすすめ

ボジョレーヌーボーの出来

ボジョレーヌーボーに関する雑学
ボジョレーヌーボーの価格の話
日本はボジョレーヌーボー輸入量世界一
ボジョレー?ボージョレ?(発音の話)

ボジョレーヌーボーとは?

ボジョレーヌーボーは、ブルゴーニュワインで知られるフランス・ブルゴーニュに程近い、ボジョレー地方で、その年のシーズンに収穫されたブドウを使って作られた新酒のワインです。 map 300x300 ボジョレーヌーボー 2013年解禁日・・・ボジョレーヌーボーの全てをまるっと解説!

▲ボジョレー地方の位置。ブドウ畑の面積はパリの約2倍!

ちなみに、「ヌーボー」とは「新しい」「新鮮」を意味するフランス語です。

ボジョレーヌーボーとは、ボジョレーワインの中でも特別な基準を満たした、その年の新酒のみが名乗ることを許されています。

 

ですが、その中でも品質はピンキリです。

「ボジョレーヌーボーってあんまり美味しくないよね」という意見も聞こえてきますが、それなりのモノを選べば本当は美味しいのです。

コンビニ等では1000円を切るボジョレーヌーボーも見かけますが、どうせなら少し奮発して美味しいボジョレーヌーボーを飲みましょう!

1.特徴

普通のワインは何年も掛けて熟成させますが、ボジョレーヌーボーは摘んでから出荷までに2ヶ月程しか掛かりません。

新鮮さを売りにしており、出荷後は可能な限り早く飲むことが推奨されています。

製造方法も普通の赤ワインと異なり、それによって渋みや苦味・酸味が少なくフレッシュな味わいとなります。

2.ボジョレーヌーボーの定義

ボジョレーヌーボーの定義はAOC(原産地呼称統制)と呼ばれる認証により厳しく規定されています。

ボジョレーヌーボーと言えば赤ワインというイメージがあると思いますが、実は極僅かにロゼも存在しています。(ただし、日本で流通することはまずありません)

ボジョレーヌーボーを名乗るためには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 原材料にガメイ種のブドウを使用した赤ワイン、又はロゼ
  • 製造方法は、「炭酸ガス浸潤法(後述)(マセラシオン・カルボニック法)」を用いる
  • 原産地・生産地とも、「フランス・ボジョレー地方の、AOCに加盟している村」である(現在96村)
  • アルコール度数9度以上

 ボジョレーヌーボー 2013年解禁日・・・ボジョレーヌーボーの全てをまるっと解説!

▲ボジョレー地方。斜面に広大なブドウ畑が広がる。

炭酸ガス浸潤法

通常、ワインを造る際にはブドウを砕いて発酵させますが、炭酸ガス浸潤法ではブドウを潰しません。

ブドウを潰すことで、皮に含まれる色素やタンニンが抽出されながら発酵が進み、赤ワイン独特の渋みの元となります。

 

ですがボジョレーヌーボーの場合、フレッシュ感を楽しむ為に渋みを出したくありませんので、ブドウを砕かずに発酵させるわけです。

収穫した房のまま密閉タンク一杯に詰めると、下の方のブドウは押しつぶされ果汁が染み出すことで発酵が始まります。

発酵が始まると炭酸ガスが発生し、タンク内は炭酸ガスで充満することになります。

炭酸ガスに晒されると潰れていないブドウも発酵が始まり、各種の旨味成分が生成されると共に、色素がワイン中に溶け出します。

この製法ではタンニンは皮の中に残ったままなので、ワインには殆ど含まれません。

こうして、渋みや苦味の少ないフルーティーな味わいのワインが生まれます。

 

ボジョレーヌーボーの場合、更に発酵を早める為に最初から発酵中のモロミを混ぜておきます。

3.ボジョレーヌーボーの歴史と解禁日の秘密

発祥

ボジョレー地方では、2世紀ごろには既にワインの生産が始まっていたようです。

そして、19世紀の文献には既にボジョレー地方で収穫されたガメイ種で作るヌーボー(試飲酒)仕様のワインに関する記述が登場しています。

通常の製法でワインを製造した場合、熟成まで含めると飲めるようになるのは翌年以降なので、それとは別に収穫後数ヶ月でおいしく飲めるヌーボーを製造していました。

地元住民達がその年のブドウの出来を確認する為、また、収穫を祝う意味合いもあったのでしょう。

製品としての「ボジョレーヌーボー」

フランス政府は第二次世界大戦中、軍隊用にフランス各地からワインが供給される体制を作ろうと、1938年に省令を発行します。

それは、地域毎に異なる出荷時期を定め、絶えずワインが供給される仕組みでした。

 

大戦が終わるとそういった供給体制は必要がなくなります。
そして今度は、外貨を獲得するために質の高い製品を作っていく必要があります。

そこで製品の質を保つ為に、収穫時期から一定期間以上経ってからしか出荷できない仕組みを作りました。

1951年9月8日、フランス全土におけるワインの出荷解禁日は12月15日として、省令(原産地呼称統制)で取り決められました。

 

ですがボジョレー地方では、元々早い時期に生産者と卸売業者の間で取引する習慣がありました。

生産者達は「自分達のヌーボーはもっと早く飲める、逆に早くなければ質が落ちる」と訴え、もっと早い時期に出荷できるよう申請を出しました。

そして1951年11月13日、生産者達の想いが通じて、その日より「ボジョレーヌーボー」として出荷することが認められました。

解禁日の秘密

そのようにして早期出荷が認められたボジョレーヌーボーですが、1951年の時点では解禁日は決まっておらず、生産者に出荷日を任せていました。

ですが、より早く出荷すると市場を独占できる為、年を追うごとに生産者同士の早期出荷競争が過熱し、粗悪品が出回るようになってしまいます。

 

そこで、事態を重く見たフランス政府は、1967年にボジョレーヌーボーにも解禁日を設けます。

当初11月15日をボジョレーヌーボーの解禁日としましたが、年によってはその日が日曜日に当たり、輸送業者やワインショップ、レストランなどが休業してしまいます。

そうするとその年の売り上げが大きく落ち込むという問題が発生したので、1985年からは解禁日を可変式に変更し、それが現在まで続いています。

スポンサード リンク

そういうわけで、1985年よりボジョレーヌーボーの解禁日は「11月の第3週の木曜日」と決められたでした。

厳密には「出荷地域の現地時間で11月第3週木曜日の午前0時」より解禁されます。

つまり、国によって解禁するタイミングが異なります。

 

ちなみに解禁日が第3週と決められた理由は、フランスでは11月11日が祝日の為、それと被らないようにするためです。

 

解禁のフライング

それぞれの国で解禁日に飲めるよう、生産地からの出荷は解禁日の2週間ほど前から認められています。

それにより日本の販売者は、解禁日よりも前からボジョレーヌーボーを手に入れているのですが、時折解禁日より前に自分で飲んだり、常連客等に販売してしまう人もいるようで、twitterやmixi等では解禁日前に飲んだことを報告する人がチラホラと現れます。

解禁日はフランスの法律によるものなので、日本でフライングしても罰せられることはありませんが、ボジョレーヌーボーの品質を管理しているSOPIXEやボジョレーワイン委員会は快く思っておらず、毎年流通業者に警告文を送っています。

他の人を出し抜く行為でもありますので、やるならコッソリとやりましょう。
くれぐれも自慢したりしないようお願いします。

4.ボジョレーヴィラージュヌーボー

ボジョレーヌーボーの定義を前述しましたが、その中でもボジョレーヴィラージュという特定の生産地域で作られたものは、ボジョレーヴィラージュヌーボーと呼ばれ、グレードの高いワインとして位置づけられています。

AOCボジョレー96ヶ村の内46ヶ村で収穫・生産されたもので、収穫量やアルコール度数の規定が通常のボジョレーヌーボーよりも厳しく設定されています。

味は生産者にもよる為一概には言えませんが、ボジョレーヴィラージュヌーボーの方がフルーティー感が凝縮されていて、ふくよかな味わいだとされています。

値段も少し高くなりますが、概ね3000円から5000円と手が出ない程高いわけではありませんし、せっかくの年に一度の”初モノ”なので、どうせなら少し奮発して美味しいワインを飲んでみてはいかがでしょうか?

 

「ボジョレーヌーボーは不味い」と感じていた方も、少し値の張るボジョレーヴィラージュヌーボーを飲めば、考えが変わると思います。

2千円台で購入可能なボジョレーヴィラージュヌーボー

409601A 1 ボジョレーヌーボー 2013年解禁日・・・ボジョレーヌーボーの全てをまるっと解説!
ルイ・テット ボジョレー・
ヴィラージュ・ヌーヴォー
キュヴェ・サントネール 2013

 ボジョレーヌーボー 2013年解禁日・・・ボジョレーヌーボーの全てをまるっと解説!

409604A 1 ボジョレーヌーボー 2013年解禁日・・・ボジョレーヌーボーの全てをまるっと解説!
ドメーヌ・シャサーニュ・
ボジョレー・ヴィラージュ・
ヌーヴォー 2013

 ボジョレーヌーボー 2013年解禁日・・・ボジョレーヌーボーの全てをまるっと解説!

409605A 1 ボジョレーヌーボー 2013年解禁日・・・ボジョレーヌーボーの全てをまるっと解説!
ドメーヌ・シャサーニュ・
ボジョレー・ヴィラージュ・
ヌーヴォー 2013

 ボジョレーヌーボー 2013年解禁日・・・ボジョレーヌーボーの全てをまるっと解説!

 

 

ボジョレーヌーボーの飲み方

温度

普通のワインは冷やしすぎるとタンニンの渋みが強調されて飲みにくくなりますが、ボジョレーヌーボーはタンニンを殆ど含まないので冷やしたほうが美味しく飲むことが出来ます

ただし、冷やしすぎると風味を感じにくくなるので15度前後で飲むのが最も美味しいとされています。 飲む前に1時間ほど冷蔵庫に入れておくと、ちょうど良い温度になります。

合わせる料理

ボジョレーヌーボーは軽い味わいな為、あまり味付けの濃いものを一緒に摂ると味が負けてしまいます。

軽い味のチーズやクラッカー、ハムやローストビーフ、変わったところでは肉じゃがなど、甘辛い料理等と良く合います。

個人的には、「じゃがりこ」など味の濃くないスナック菓子もオススメです。

鮮度

酸化すると味が落ちますので、開封後はお早めにお飲み下さい。

また、熟成させて味が良くなるタイプのワインではありません。

早ければ早いほど美味しく頂けますので、購入後は出来るだけ早くお飲み下さい。

ホットワインもおすすめ

通常は冷やして飲むボジョレーヌーボーですが、温めても違った美味しさを味わえます。

ホットワインの作り方は以下の通りです。

  1. ワインを電子レンジで約1分温める(ミルクを温める程度の時間)
  2. はちみつ、もしくはお砂糖を入れて溶かす
  3. お好みでレモン、オレンジピール、シナモンスティックを入れて出来上がり

ちょうど寒くなる季節ですし、とっても簡単なのでぜひ一度お試し下さい。

 ボジョレーヌーボー 2013年解禁日・・・ボジョレーヌーボーの全てをまるっと解説!

ボジョレーヌーボーの出来

「100年に1度の出来、近年にない良い出来」「ここ数年で最高」等、その年のボジョレーヌーボーの出来を表す評価コメントですが、あれは誰がどのようにして決められているのでしょう?

毎年何かとネタにされがちな、この評価コメントがどのようにして決められるのか調べてみました。

 

まず、最初に評価をするのはボジョレーワイン委員会です。

10月の下旬に試飲会を開いて、そこで様々な生産者のワインを飲み比べて評価を下します。

 

そして、それをフランス食品振興会(SOPIXE)がプレスリリースとして公表します。

その後、日本の各販売メーカーがその評価に独自のエッセンス(超訳)を加えて発表されます。

つまり、間には一切第三者を挟んでおらず、全員がボジョレーヌーボーをより多く売ることを目的としています。

評価というよりはキャッチコピーに近いです。

まあ、皆さんその辺りは承知の上でしょうから、あまり無粋なことを書くのは控えておきます。

 

以下は、これまでの”キャッチコピー”です。

評価
1998 「10年に1度の当たり年」
1999 「品質は昨年より良い」
2000 「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
2001 「ここ10年で最高」
2002 「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
2003 「100年に1度の出来、近年にない良い出来」
2004 「香りが強く中々の出来栄え」
2005 「ここ数年で最高」
2006 「昨年同様良い出来栄え」
2007 「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
2008 「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
2009 「50年に1度の出来栄え」
2010 「2009年と同等の出来」「今年は天候が良かった為、昨年並みの仕上がり。爽やかでバランスが良い」
2011 「2009年より果実味に富んだリッチなワイン」「出来が良く、豊満で絹のように滑らかな味わい」
2012 「ボジョレー史上最悪の不作」「糖度と酸度のバランスが良く、軽やかでフルーティーな仕上がり」

今年の試飲会も終わったようですので、数日中に評価が下されると思います。

ボジョレーワイン委員会は2013年の出来について、9月時点で以下のようなプレスリリースを発表しています。

気候面を見ると、夏は理想的な天候条件に恵まれ、特に 7 月と 8 月の記録的な日照量の影響で成熟を飛躍的に進行させた。さらに 9 月初めの短い期間の雨が果粒のわずかな増大を助けた。その後の数日間の比較的涼しい気温により、ぶどうの成熟はゆっくり進んでいた。しかしながら、9 月 19 日あたりから始まった連続的な晴天により、段階的に成熟は進んでいると言える。9 月末にかけて、この穏やかな天気は続くと予想され、現在も確認されているように、畑の衛生は保たれるだろう。色づきも良い状態で終わりを告げ、好条件で収穫が始められると期待される。

収量は少ないと予想されるが、歴史的に収量が少なかった 2012 年を少し上回るだろうと見られる。

今年は全体的には天候に恵まれたようで、出来は期待してよさそうです。

ボジョレーヌーボーに関する雑学

ボジョレーヌーボーの価格の話

ボジョレーヌーボーは、元々普段飲みように大量に作られていたお酒なので、現地での価格はとても安いです。

750mlボトルが350円から1000円程度の値段で売られていたりします。

それが、日本では1500円から3000円程に跳ね上がります。

これは一体なぜでしょう。

 

答えは「仲卸の利益」と「輸送費」、「関税」によるものです。

まず、仲卸の利益については、日本でフランスのワインを買う以上、それを輸入して販売してくれる販売業者が必要となりますので、どうしてもそこで価格が上昇します。
需要は高いので、利幅も大きく設定しているはずです。

輸送費については、現地で出荷可能になってから日本で解禁日を迎えるまでに2週間程しかないので、船便では間に合わず、飛行機で素早く運ぶ必要があり、大幅にコストが上昇します。

関税も1本150円掛かります。

 

このようにして、現地の数倍の価格となるのですが、近頃は販売企業の努力により、徹底的にコスト削減を行って随分安く売られているボジョレーヌーボーも見かけるようになりました。

その甲斐あって、最近は1000円を切るボジョレーヌーボーも珍しくありません。

消費者にとってはありがたい話です。

日本はボジョレーヌーボー輸入量世界一

フランスが輸出しているボジョレーヌーボーの国別出荷数を見ると、日本が全体の約半分を占めています。

2位のアメリカと比べても、約3倍です。

 

バブル期の1980年代後半、日本で最初のボジョレーヌーボーブームが巻き起こり、皆がこぞって初物のボジョレーヌーボーを買い求めました。
これは、メディアがボジョレーヌーボーの宣伝に力を入れたために起こったようです。

その後、バブルの崩壊とともにブームは過ぎ去りましたが、1990年代の終わりごろ、今度は赤ワインブームが起こります。
こちらは、赤ワインと健康に関する因果関係についてWHOが言及した為におきたブームだそうです。
そのブームに乗じて各販売企業が大々的に売り出した為、再びボジョレーヌーボーのブームがやってきました。

その後は、恒例行事的な感覚で一定のリピーターもつき、テレビ等でもボジョレーヌーボーの解禁を大きく報じていることも手伝って、毎年売れ続けています。

巧みなマーケティングの賜物です。

ボジョレー?ボージョレ?

ネット上では「ボジョレー」「ボージョレ」両方の表記を見かけますが、店頭等では「ボジョレー」の表記が圧倒的に多いです。

フランス語での発音をカタカナにすると「ボジョレィ」が最も近いように思います。

英語では「ボージョレィ」といった感じでしょうか。

▲「beaujolais」の英語発音

まとめ

いかがでしたか?

ここまで読んでいただけたなら、あなたはボジョレーヌーボーについてかなり詳しくなっているはずです。

誰かと一緒にボジョレーヌーボーを飲む際には、ぜひここで覚えた薀蓄を語ってみて下さい♪

それでは。


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事のトラックバック用URL