スポンサード リンク

 ドラえもん放送打ち切り!?ツイッターで悪質なデマ!これは風説の流布?

昨日9月26日の20時頃から、ツイッターで『放送打ち切り』というキーワードがトレンド入りしていました。

上記のキーワードで、Yahoo!リアルタイムにて検索を掛けてみると直ぐに理由が判明しました。

どうやら、ツイッター上ではドラえもんの放送が打ち切られるという話で持ち切りとなっているようです。

スポンサード リンク

真相

実はこれ、ある一人のユーザーが悪ふざけで流したデマでした。(元のツイートは削除されたようです)

 

添付されているURLは、アクセスして頂ければ分かりますが、ドラえもん打ち切りとは全く関係ない、「Naverまとめ」の子猫の画像をまとめた記事です。

上記のツイートは9月26日19時46分のものですが、そこから20分位後に別のユーザーから同様の内容でつぶやかれた、画像付きのツイートが1万7千回以上リツイートされ、一気に噂が伝播します。

 

最初につぶやいたユーザー( ▷ナカボン◁ @Nakabon2turbo)のその後のつぶやき(既に削除済み)によれば、先月同ユーザーが同様に悪ふざけで「サザエさん」放送終了のデマを流した際のリツイート数の記録に挑戦することが目的のようでした。

 

真に受ける人々

この最初のツイート、リンク先のページもドラえもん打ち切りとは全く関係ないページなので、大半の人は、これが嘘だと言うことを直ぐに理解したのですが、少なからず信じてしまう人々もいました。

 

単なる悪ふざけで済まないことも!?

前述のように、実際に信じてしまう人々もいます。

そうすると、単なる悪ふざけで済まない実害が出る可能性もあります。

例えば、ドラえもんを放送しているテレビ朝日の株価への影響です。

スポンサード リンク

ドラえもんと言えば、今現在日本のアニメの中ではトップクラスの視聴率を稼いでいます。

テレビ局にとって、視聴率はそのまま広告収入に繋がりますので、高視聴率の番組が突然終了するとなれば、テレビ朝日の株主達は一斉に株を手放す可能性があります。

そして、それにより株価が急落したり、テレビ朝日に大きな損害が出た場合、噂の発信者に株価操作の意図があれば風説の流布と見なされることがあります。

また、そういった意図がない場合でも、明確な被害があれば業務妨害罪が適用されます。

まとめ

幸い、今回の場合は夜8時頃ということで株取引が行われていない時間帯なので、株価に影響を与えるようなことは恐らくないでしょう。

ですが、運が悪ければ上記のような、大きなトラブルに発展することもあり得ます。

 

これまでにも、ツイッターのデマで様々な問題が起ってきました。

災害時等のデマは、命に関わる危険性すらあります。

どうか面白半分でデマを発信するようなことは控えて下さい。

それでは。

※追記

翌日この記事を読んだ方から、噂の発信源になったユーザー(@Nakabon2turbo)に話が伝わり、自身の行為の重大さに気付いて頂けたようで、問題のツイートの削除と謝罪の言葉がありました。

Nakabon2turbo 439x512 ドラえもん放送打ち切り!?ツイッターで悪質なデマ!これは風説の流布?

ツイッターは完全な匿名ではありません。
刑事事件に発展した場合には警察へユーザーの情報が開示され、身元は特定されます。

それに、今回のような悪ふざけは単純に、騙された人の多くの怒りを買う事にもなります。

事実、この記事をツイッターで共有して下さった方の中には、今回のデマに対して怒りの言葉を投げかけておられる方もチラホラ見られました。

大事なことなのでもう一度書きます。

どうか面白半分でデマを発信しないでください。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事のトラックバック用URL