スポンサード リンク

 ゴールデンボンバーがカプコンに土下座で謝罪www経緯とパクリ動画まとめ

10月8日、”エア”バンド・ゴールデンボンバーの4人が、この日まで行われていた全国ツアー「ホントに全国ツアー2013~裸の王様~」の最終公演前、2011年にリリースした自身らのPVが、カプコンのゲーム「ストリートファイター」シリーズをパクっていたことを認め、土下座で謝罪しました。

スポンサード リンク

男性4人組エアバンド「ゴールデンボンバー」が全国ツアー「ホントに全国ツアー2013~裸の王様~」のファイナルを迎えた東京・国立代々木競技場 第一体育館でカプコンのスマートフォン向けゲーム「オトレンジャー」と正式コラボレーションを行うことを発表した。

9月に行われた東京ゲームショウで同ゲームのテーマ曲が「金爆」曲の「こんにちは孤独(精力戦隊オサセンジャーver)」が似ていると指摘し、ステージに乱入。「出るとこ出るよ!」とパクリ疑惑に声を荒げていた。

この日も前半は「カプコン出てこい!」と強気の姿勢を見せていた金爆の面々だったが、金爆が2011年に発表した「僕クエスト」のPVが流され、同社の責任者から「先にパクったのはゴールデンボンバーさん側。どうみても(同社の人気ゲーム)『ストリートファイター』をパクってる」との反撃され、一気に形勢逆転。

ボーカルの鬼龍院翔(29)は「あの時は大して有名じゃなかったので、許可を得ようとしてもどうせNOと言われるだろうと勝手にやりました」と土下座をして謝罪した。同社からの和解案として、金爆をゲームのPR大使に任命。「犯罪はしちゃいけないですね。盗作はいけないとやっと気付きました」と反省の弁。

 

実際にはゲームを「すでにプレーしてるんです」と鬼龍院。すべてが小芝居だったのでは?とのツッコミも受け、「敵を知ろうと思って」と苦笑い。最後は「モンハン(モンスターハンター)に出たい!」(鬼龍院)、「これからバンバンお尻を振っていこうと思います」(歌広場淳)とすっかりカプコンびいきになっていた。

スポニチアネックスより引用

ということで、パクリ疑惑とかいった泥臭い話ではなく、単に話題性を高めるためのコラボ宣伝企画の話です。

経緯

2012年1月、ゴールデンボンバーがライブで
「こんにちは孤独」という曲を披露

今年9月からサービスを開始したカプコンの
iPhone向けゲーム「オトレンジャー」のPV中で
「こんにちは孤独」そっくり(完全一致)の曲が使われる

ゴールデンボンバーがYoutubeでオトレンジャーのPVを発見
その時の動画はこちら

「こんにちは孤独」の動画はこちら

オトレンジャーPVはこちら

9月20日の東京ゲームショウのカプコンの
ステージにゴールデンボンバー乱入

オトレンジャーPVで勝手に曲を使われたとして
カプコンに無茶な要求を突きつける

ステージ乱入時の動画はこちら(23分15秒辺りから)

10月8日、ゴールデンボンバーが全国ツアー最終公演前の記者会見で
オトレンジャーPVの件を蒸し返す

カプコン関係者がゴールデンボンバー「僕クエスト」のPVを流す
(PVの一部でストリートファイターのパロディが使われている)
カプコン「先にパクったのはそちらですよね」

「僕クエスト」PVはこちら

ゴールデンボンバー土下座

 ゴールデンボンバーがカプコンに土下座で謝罪www経緯とパクリ動画まとめ

まとめ

斬新なプロモーションですよね。

スポンサード リンク

恐らく「僕クエスト」のPV中にストリートファイターのパロディが使用されていることを知ったカプコンの方が、「これは使える」と思いつき、ゴールデンボンバーに話を持ちかけたのでしょう。

面白い試みで話題性があるのでお互い良い宣伝になりますし、何より「面白そう」という点でゴールデンボンバー側もこの話を受けたのだと思います。

 

これからの時代、ネットでの拡散効果も狙うとなると、こういう柔軟な発想が必要なんでしょうね。

斬新なプロモーションといえばこちらも↓
加護亜衣の新ガールズユニットはブレイク必至!?理由を解説

それでは。


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事のトラックバック用URL