スポンサード リンク

 【2013年世界陸上】ボルト率いるジャマイカ 400mリレーの出走開始時間。優勝はジャマイカ!?【予選・決勝】2013年モスクワ世界陸上、楽しんでいますか?
現地と日本の時差の為、夜中の放送も多く、連日寝不足だという方も居られるのではないでしょうか。

そんな中、男子200m走も残すは決勝のみとなりました。

予想通りジャマイカのウサイン・ボルト選手が決勝まで進んでいますね。

ボルト選手は今大会調子も良さそうですし、他の決勝の顔ぶれを見てもまず負けることは無さそうです。
100m・200mの2階級制覇も目前ですね。

2008年の北京五輪にて向かい風を受けながらも19.19秒という世界記録を叩き出したボルト選手ですが、今回は自己ベスト超えを達成できるか、ということの方が気になりますね。

次のボルト選手の活躍の場は男子400mリレーですが、例により日本語では詳細な出走開始時刻を調べているサイトが見当たりませんでした。

ですので、今回はボルト選手率いるジャマイカの400mリレー出走開始時刻を調べてきました。

スポンサード リンク

ジャマイカの男子400mリレー出走開始時刻

もう、当然決勝に進出するものとして、決勝の時間まで書きますね。

 

予選(第1 試合)

8月18日 21時50分 出走予定

 

決勝

8月18日 23時40分 出走予定

スポンサード リンク

 男子400mリレーの優勝はジャマイカで決まり?

400mリレーは、各チーム4人の選手が100mずつ走るリレー種目ですが、今大会の男子100m走決勝の結果は以下の通り。

1位 Usain BOLT(ジャマイカ) 9.77
2位 Justin GATLIN(アメリカ) 9.85
3位 Nesta CARTER (ジャマイカ) 9.95
4位 Kemar BAILEY-COLE(ジャマイカ) 9.98
5位 Nickel ASHMEADE(ジャマイカ) 9.98
6位 Mike RODGERS (アメリカ) 10.04
7位 Christophe LEMAITRE(フランス) 10.06
8位 James DASAOLU(イギリス) 10.21

なんというジャマイカ率でしょう。

雨の中での決勝でしたので、タイムの絶対値自体はあまり参考になりませんが、相対的な実力で見ると、今大会記録においても自己タイムの比較においても、ジャマイカ勢の強さが目立ちます。

当然優勝はジャマイカでほぼ間違いないでしょう。

まあ、ジャマイカの圧倒的強さは毎度のことなので、今更予想もクソもないのですが(笑)

結果を楽しみにしておきましょう。

コチラの記事もどうぞ:

それでは。

※8月18日追記
ボルト選手、200mでも金取りましたね!おめでとうございます!


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事のトラックバック用URL