スポンサード リンク

IMG 0135 ダイソーの洗濯用洗剤酷すぎワロタwww先日ダイソーにて日用雑貨を漁っている最中に見つけた洗濯用洗剤(上図)。

粉末タイプながらも「柔軟成分」なるものも配合されているそうで、これが600gで100円とは恐ろしく安上がりだと思い試しに購入してみることに・・・。

スポンサード リンク

本日初めて使ってみましたが、これがとんでもない代物でした。

以前オーストラリアにいた時、安物の洗剤を買って水に溶けず洗濯物に少し白いポツポツが残るという体験をしたことがありますが、今回はそんなレベルではありませんでした。

 

とりあえず普通に箱に書かれてある説明通り付属のスプーン半分程の洗剤を入れて洗濯機を回しましたが、洗濯が終わって洗濯物を取り出している最中に「カランコロン・・・」と音がします。

何かと思い洗濯機のそこを見ると、何やら2cm角位の白い塊が落ちています。

「しまったなあ。ズボンのポケットに何か残ったまま洗ったかな」と思い、その塊を拾い上げてみると・・・

IMG 0134 ダイソーの洗濯用洗剤酷すぎワロタwww洗剤の溶け残りですね。
というか溶け残りと呼んでいいレベルではありません(´Д`;)

最初にスプーンで救った分量の3分の2位はあります。

何か使い方間違えたかと思って説明書きをもう一度よく読みなおしましたが、普通に決められた分量を最初に入れて洗濯機を回すだけ、つまり何も間違っていません。

もう一度同じ分量を入れて洗濯機を回しましたが、やはり同じ位の塊が残ります。

これで「水に溶けやすい」と謳っているのですから驚きます。

IMG 0137 ダイソーの洗濯用洗剤酷すぎワロタwww

 

何でしょう。水が合わなかったのでしょうか。製造国はもちろん日本じゃありません(MADE IN INDONESIA)
ほとんど水に溶けていないので、当然洗濯物の汚れもほとんど落ちていませんでした。
これはクレーム入れても許されるんじゃないでしょうか?(入れませんけど)

やっぱりこういう類のものはあまりケチっちゃ駄目ですね。
また「ダイソーで買ってはいけないものリスト」にひとつ名を連ねることになったというお話でした。

それでは。

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事のトラックバック用URL