スポンサード リンク

s schumacher ski シューマッハの年収と総資産。既にタイガー・ウッズを抜いていた模様

F1ドライバーのミハエル・シューマッハ選手が先月29日、フランスでスキー中に転倒し、岩に頭部を打ち付けて未だ昏睡状態だそうです。

彼の名誉の為に付け足しておきますと、決して無茶な滑り方をして事故を起こしたわけではなく、雪に埋まった友人の娘を助けるためにコース外に出た事が原因で、更にはヘルメットとプロテクターも着用していたといいます。

不幸が重なった末の事故でした。

スポンサード リンク

ところで、そんなシューマッハ選手の遺言書が2010年に作成されていたことが報じられ話題になっています。

世界一のお金持ちスポーツ選手

なんでも、遺言状には現在の総資産(およそ10億ドル)を、奥さんと二人の子供に同額ずつ分配するよう記されていたそうです。

10億ドル・・・現在の日本円に換算すれば1000億円以上ということになりますが、私はこの報道であることを思い出しました。

一昨年発表された、「2012年英国長者番付」の結果によれば、スポーツ選手の推定総資産額は、ゴルフのタイガー・ウッズ選手が8億6900万ドル、シューマッハ選手が8億2300万ドルということで、シューマッハ選手は世界で2番目にお金持ちのスポーツ選手だと報じられていました。

更に、2013年1月17日放送の「解禁!暴露ナイト」で元F1ドライバー片山右京さんが明かしたシューマッハ選手のピーク時の年収はおよそ200億円でしたが、2012年にフォーブスが発表した世界スポーツ選手長者番付では、3百万ドル(30億円)程度にまで下がっています。

2013年は既に現役引退したあとでしたので賞金はありませんでしたし、そうなると2012年の時点でほぼ10億ドルに達していたことになり、タイガー・ウッズ選手を抜いて世界一お金持ちのスポーツ選手の座に返り咲いていた事が分かります。
(2002年に、当時1位だったシューマッハ選手をタイガー・ウッズ選手が追い抜き、それ以来二人の順位は入れ替わっていませんでした)

スポンサード リンク

もっとも、タイガー・ウッズ選手は2012年に5千8百万ドル、2013年に7千8百万ドル程稼いでいるそうなので、余程高額の出費がなければ現在はほぼ10億ドルに達しているかもしれません。
(ちなみに、海外のいくつかのサイトで推測しているタイガー・ウッズ選手の総資産額は5億ドル程度が多いです)

まとめ

ということで、シューマッハ選手の総資産額はおよそ1000億円、年収はピーク時でおよそ200億円、現役最後は30億円程度だったようです。

「程度」と書きましたが、引退直前でも一年で日本人の生涯賃金の十数倍を稼いでいたというのですから、途方も無い話です。

本日の報道では、昏睡が既に2週間以上続いているため、脳死状態に陥っている可能性もあるとの発表もありました。

F1選手として現役を無事引退した後にこのような不幸な事故で命を落としたとなれば、あまりにも遣り切れません。

かなり難しい容態のようですが、無事生還されることを祈ります。

それでは。


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事のトラックバック用URL