スポンサード リンク

 歌のものまねのコツ・・・忠実に再現するために大切なことアレコレ

以前何気なく書いたONE OK ROCKボーカルの歌声について書いた記事が、予想に反してかなりの人気となっているので、もう少し話を掘り下げ「歌のものまね」全般について書いてみようと思います。

スポンサード リンク

その前に、まず私の事を少しお話しておきます。

私は小さい頃から音楽に囲まれた環境で育ちました。

私の両親や兄は音楽が大好きで、家中にCDやカセットテープが溢れていましたし、物心がついた頃には毎日のようにそれらの音楽を聴かされていました。

といっても、それらの曲は当時流行っていたJ-POPが中心で、要するにミーハーな家族だったわけですが、とにかく私は曲名も誰が歌っているのかも分からない曲を聴いて育ちました。

いつしか私は、それらの曲の中で気に入ったものを真似して歌うようになっていました。
幼少期の体験としては別に特別なものではありませんよね。

幼い私にとっては、聞こえてきた音をできるだけ忠実に再現することが全てで、独創的に自分の歌い方で歌うというようなことは頭にありませんでした。
そして、うまく再現できると周囲の大人は私の歌声を褒めてくれました。

ここで私の中にある価値基準が出来上がってしまいました。
それは即ち「歌がうまい=原曲の歌声を忠実に再現できる」というものです。
成長するに連れて、その価値観は少し違うな、ということも頭では分かるようになっていましたが、幼少期に染み付いた感覚は中々抜けません。

小学校も高学年に上がる頃には、音楽の授業以外では人前で歌うことも無くなってしまいましたが、相変わらず気に入った曲を見つけると、ひたすら聴きこんで真似をする、という習慣は続いていました。

スポンサード リンク

数年後、中学生になった私は初めて友人達とカラオケを体験します。
その頃お気に入りだったのは、19やKinKi Kids、ポルノグラフィティ等でした。
友人らの前でそれらの曲を歌ったところ、「めちゃめちゃ似てる」「ウマすぎる」「普段の声と全然違う」と大絶賛を受けました。

その後私の歌のことは同級生の間でしばしば話題になっていたようで、またそれなりに人当たりの良かった私は、色んな人からカラオケに誘われるようになりました。

これに気を良くした私は、ますます歌手の歌声を真似るようになっていきました。

高校時代には軽音楽部でバンドを組んで、ギターボーカルも担当させてもらっていました。

就職してからは、仕事の付き合いでスナックやガールズバーに連れて行かれることも多くなりましたが、そういった場で歌うと、3回に1回位の割合で知らないおじさん達からお酒をおごってもらうことがあります。
馴染みのスナックでは私だけカラオケが無料でしたし、歌がきっかけで飲み友達もできました。

所詮はものまね、されどものまね。
歌は私の人生を随分充実させてくれています。

私の練習環境

さて、前置きが長くなってしまいました。

このように、物心ついてからの人生ほぼ全て=ものまね歴の私ですが、本格的に声楽を学んだことはありません。

ここ数年でミックスボイス(ミックスボイスについては冒頭で紹介した記事参照)というものを知り、ネットで仕入れた情報を頼りに習得しましたが、後はほぼ独学です。

私にあったのはただひとつ、思う存分歌うことのできる環境でした。

私の育った土地は、見渡す限りの田畑と山林、牛小屋や鶏小屋に囲まれたド田舎で、小中高時代通学路として使っていた道など、滅多に人とすれ違うことのないポイントが沢山ありました。

学校からの帰り、友人と別れると毎日のようにそう言った場所に寄り道し、心行くまで歌うのが日課でした。
当時も今も、自分の大好きな歌手の歌を忠実に再現し、なりきるのが私にとって最高に気持ちのいい行為でした。

働き出してからはバイクが趣味になりましたので、ツーリング中にフルフェイスヘルメットの下で好きなだけ歌うことができるようになりました。

断言します。
歌の上達のために最も大切なことは、好きなだけ歌える環境を用意することです。

声帯を操作しているのも筋肉です。
使えば発達しますし、使わなければ衰えていきます。

ピッチャーが思い通りの場所にボールを投げるために何千回も何万回も投球練習をするのと同じように、思い通りの声を出すためにはどうやっても反復練習が不可欠です。

歌うことが日常の一部にできるような練習環境を用意しましょう。

どうしても練習環境が用意できない方へ

とは言っても、住宅環境などの事情でどうしてもそんな都合の良い練習環境を用意できない方もおられると思います。

練習の度にカラオケ屋に出向いてヒトカラ、というのもかなりの出費になりますし、そもそも恥ずかしくて出来ない方もおられるでしょう。

そういう方に絶対オススメしたいのがこちら、「叫びの壷」です。


 歌のものまねのコツ・・・忠実に再現するために大切なことアレコレ

 歌のものまねのコツ・・・忠実に再現するために大切なことアレコレ

お金に糸目を付けないというのであれば、自宅に防音ブースや防音室を作ってしまうのが一番ですが、小さなものでも数十万円掛かってしまいます。
本気でプロを目指す方でもなければ、中々手が出せるシロモノではありませんよね。

ですが、「叫びの壷」はわずか5千円程で用意できる、言わば「世界最小の防音ブース」です。
音を驚くほど吸収してくれるので、マンションだろうがアパートだろうが問題ありません。

ただし、自分の声そのものが殆ど壷の外にもれないので、自分の耳にもあまり聞こえません。
その為、歌の練習に使う場合には耳栓を併用して下さい。(最近はダイソーで手には入ります)
そうすることで、頭蓋骨を伝わった振動が耳に届きやすくなります。

何にせよ、自宅に「声を出せる環境」を用意できるのは素晴らしいことです。


発声練習に「叫びの壷」
 歌のものまねのコツ・・・忠実に再現するために大切なことアレコレ

ものまねの練習法

さあ、練習環境が用意できたらいよいよ実践です。

1.筋力

まず、思い通りの音程を発声できることが大前提となります。
つまり、ボーカルのメロディラインを忠実に再現できることと、高音を発声できることです。

特に、高音が出ないと曲そのものが歌えない場合も多いですよね。

これらを克服するためには、ひたすら歌って声帯筋を鍛えるのが最も有効です。

ここでひとつ実験をしてみましょう。

まず適当な音からスタートし「ドレミファソラシドレミファソラシ・・・・」と徐々に高音を出していきます。
すると、どこかで限界の音程に辿り着きますよね。

その限界の音が分かったら、自分の喉仏の1cm位下を、親指と人差し指の間の柔らかい部分で少し押さえつけるようにし、もう一度同じ音を発声してみてください。

さっきより発声しやすくなっていませんか?
そして、更に高い音も発声できるのではないでしょうか。

喉の筋肉を鍛え、筋力で声帯の辺りを締める事ができるようになれば、この実験と同じように高音が出せるようになります。

練習法としては、自分の出せるギリギリの音域が含まれる歌を選んで、2日に1回、20分は歌うようにして下さい。(筋肉の発達には休息も必要です)

こうして繰り返し筋肉が使われることで、声帯の筋力そのものも向上しますし、神経系が発達して筋肉を思い通りに動かすことができるようになっていきます。
持久力も向上します。

また、舌の筋力が弱い方は、どうしても速い歌詞が発音できない傾向にあるようです。
そういう方は、舌の筋力も鍛えましょう。
やり方は、頬の内側を時計回り、反時計回りに力いっぱい舌先でなぞっていって下さい。
1セット1分で、一日4セットを目安に続けましょう。
これも2日に一回くらいにしておきましょう。

さて、1~2ヶ月もすれば自分の限界だった高音も、ずいぶん楽に発声できるようになっていることでしょう。

ただし、疲弊してくるとやっぱり高音は辛くなります。疲弊をできるだけ防ぐためにはミックスボイス等を習得しなければいけません。

2.歌唱テクニック

そこで、歌うための筋肉が発達してきたら、次は様々な歌唱テクニックを身に付けていきます。

特に、ミックスボイス(ミドルボイス)は絶対習得して頂きたいテクニックです。

また、多くの歌手はビブラートを多用しますし、ヘッドボイスを使用する歌手も珍しくありません。

ですから、ミックスボイス、ビブラート、ヘッドボイスの3つは、ものまねの為に習得しておくに越したことはありません。

これら3点については「れみぼいす」さんで詳しく解説されていますのでそちらを参照してください。
(私もずいぶんお世話になりました)

→ミックスボイス

→ビブラート

→ヘッドボイス

3.ものまね

ここまでが言わば、ものまねのための地力をつけるための訓練です。
つまり歌唱力ですね。

プロとしてやっていける程の歌唱力を持つ歌手を真似ようというのですから、同等とは言わずとも、かなり高いレベルの歌唱力が求められるのは当然です。

さて、地力が十分に付きましたら、次はいよいよ個別の歌手のものまねに入っていきます。

ものまねをそれらしく聞こえるように仕上げるには、「声色」「アクセント」、そしてその他の「癖」をコピーする必要があります。

できればその前に、頭のなかで忠実に原曲を再生できるよう聴きこんでおくべきですが、ものまねしたいと思うほど好きな歌であれば、恐らくそこは既に通過していることでしょう。

「声色」に関しては、どうやっても文章で伝えることは出来ません。
とにかく喉の形を調整し、繰り返し繰り返し試行錯誤するしかありません。
息と音の割合、喉の開き具合、口の形、音の出どころ(喉に響かせているのか胸に響かせているのか)など、細かい特徴に分けて自分の耳で確認しながら徐々に特徴を掴んでいって下さい。
ただし、声帯の形には個人差があるので、どうやっても似せることが出来ない歌手もいます。
それでも、他の特徴を出来る限り再現することで、かなりそれらしく聞こえるようになります。

「アクセント」は声色に比べればかなり分かりやすいですよね。
有名なところで、ポルノグラフィティの「アポロ」を例に出すと、最初のサビの歌詞は「僕らの生まれてくるずっとずっと前にはもう」というものですが、実際の歌のアクセントを文字に表すと「っくらっうぅっまれてっくぅっる ずっずっまぁっには」といった感じです。(→Youtube)
この音の強弱のメリハリ、各音の長さ、切り方を一つひとつコピーしていきます。

その他の「癖」は漠然としていますが、特定の音でちりめんビブラートを入れるだとか、ら行の音を特に強く発音するだとか、「お」を「うぉ」と発音するだとか、伸ばした音の最後に胸の奥の方から音を絞りだすだとか、本当に多岐に渡ります。

これらの特徴を掴むためには、1曲を数秒後との細切れにして、その細かなパート毎に繰り返し聴いて真似るのが一番だと思います。

そして、うまく真似られた部分は、感覚が残っている内にひたすら繰り返して、反射として体に覚え込ませます。

つまり、他の楽器の練習法とさして変わりありません。
あるいは、スポーツや格闘技の練習で、繰り返し「型」を練習するのと同じです。

ただし、慣れてくればこういったプロセスを意識しなくても、ただ「真似よう」と思うだけで特徴を捉えて自分のものとして吸収できるようになります。
「ものまねの練習」そのものも上達するということです。

ここまでくれば、数日で1曲ものまね出来るようになります。

まとめ

ここで書いた内容は所詮私個人の経験に基づいたノウハウで、他人をものまねできるように育てた経験もありません。
もしかすると多くの方には真似出来ない芸当なのかもしれません。

それでも、歌唱力を上げる手段としては十分に有効なはずなので、ぜひ参考にしてみてください。やらなければ、出来るかどうかは分からないのですから。

それでは。


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事のトラックバック用URL