スポンサード リンク

 コレはひどいwww話題の名古屋走りまとめ【動画】

本日8月28日、テレビ朝日系列で平日夕方の5時前から放送している「スーパーJチャンネル」で“名古屋走り”特集が放送され、俄かにツイッターで話題となっていました。

今回は名古屋走りについて軽くまとめてみようと思います。

スポンサード リンク

名古屋走りとは

まずは名古屋走りの解説から。

名古屋走りとは、愛知県名古屋市周辺で多く見られる悪質な運転マナーの総称です。

何故悪質運転の代名詞の一部に名古屋が含まれるかと言うと、名古屋市はもう10年もの間連続で運転事故死者数ワースト1位の座に君臨し続けているからです。

信号無視、速度超過、指示器無しの車線変更、車線またぎ、右折追い越し(右折待ち、あるいは右折中の車を後続の右折車が追い越し)等など、一般的な危険運転をあらかた全て含んでいます。

動画

スポンサード リンク

意見

別に、こういった運転が他の地域では全く見られない訳ではありません。

日本中どこでも、多かれ少なかれこういった危険運転をする輩はいます。

ですが、10年もの間連続でワースト1位を維持し続けているという事実は、明らかに名古屋周辺、他の地域に比べて優位(むしろ劣位か)にマナーの悪い車が多いことを意味します。

 

恥ずかしながら私は名古屋走りなるものをツイッターで見て始めて知りました。
(最初ツイッターで注目のキーワードに取り上げられているのを見たとき、ナンバ走りの亜種かと思いました(笑))

実際に動画で見てみると確かにコレはひどいです。

バスやタクシー、果てはパトカーでさえ信号を軽視する始末。

業を煮やした愛知県が、やっと今年6月に死傷者数減少作戦を打ち出しました。

ただ、それも交通機動隊OBが白バイで市内を巡回するだけのものなので、中々成果はあがらないようです。

 

何か有効な方法は無いかと考えてみたのですが、現実的には予算の都合がありますので

自治体や組織だけ任せるのは難しいと思います。

そこで、近頃はドライブレコーダーが随分普及してきましたが、そこに動画送信及び警察への通報機能を付けてみるのは如何でしょう?

最近はSIMカードを取り付けることで、携帯電話同様、電波による通信が出来る機器が増えています。

ドライブレコーダーでもそれができないことは無いと思うのです。

やはり、警察だけでなく皆で取り締まれるような仕組みを作ってしまうのが一番ではないでしょうか?

 

どこかのメーカー関係者様、もしこの記事読んでいましたらぜひご検討下さい。

それでは。


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事のトラックバック用URL