スポンサード リンク

s ikko IKKO激怒の理由…「全力教室」でカツラを外して生徒に食って掛かるもぐだぐだ…様々な分野の一流どころを講師として招いて授業形式で送るフジテレビのバラエティ番組「全力教室」。

11月17日放送の同番組では、講師として出演するタレントで美容家のIKKOさんが、生徒とのやり取りで激怒してカツラまで外す事態に発展するということで、放送前から話題になっていました。

スポンサード リンク

この回は「内面から美しくなる」をテーマに、IKKOさんが片付けられない女性達に対して持論を語っていく、というものでした。

が、生徒役の女性タレントが発した一言にIKKOさんが突如ぶちギれ、彼女を罵倒し始めます。

正直なところ、IKKOさんのほうが支離滅裂なことを言っており、終始グダグダだった印象です。

 

この記事では、IKKOさんが激怒した場面の一部始終を解説します。

IKKO激怒までの流れ

冒頭

授業の冒頭でIKKOさんはこんな前置きを話します。

「『これを言ったらIKKOさんに失礼かな?』とかっていうのは私の場合一切ありませんので。」
「退屈だったら出て行って頂いて(構わない)」
「私の51年の人生をまるっきり隠さずに皆さんと対面でやっていきたい」

そして、今回のテーマの大枠について解説します。
「『日々の環境が美しさを決める』。だから汚い部屋に住んでたら駄目ですよ、皆さん」

こうして「片付けられないズボラな女性」の為の授業が始まります。

一人目の悩み相談者

s nakagawa IKKO激怒の理由…「全力教室」でカツラを外して生徒に食って掛かるもぐだぐだ…授業は「様々な悩みを抱えている生徒役の女性達の悩みにIKKOさんがアドバイスを返す」という形で進行していくようです。

最初の相談者は夫と会社経営をしている芸人の中川さん。

旦那さんと事業を始めるも、お互いの忙しさのあまり家事がままならず喧嘩ばかり、このままでは離婚されるのではないか、というのが悩みです。

スポンサード リンク

彼女も旦那さんと同じくとても忙しいそうですが、旦那さんに家事の手伝いをお願いしてもやってくれません。

彼女は何とか妥協して洗濯だけはやっていますが、炊事や掃除は一切やらないため部屋が常に散らかっています。

 

本当に掃除をする時間がないかIKKOさんが質問すると、休日は一日エステを回って自分の美容に時間を使っていると答えます。

そこでIKKOさんは、美容に使っている時間を半分にして掃除をする時間を作るよう提案します。

ですが彼女は、実はうつ病になりかかっていて、エステ通いはストレス発散の為でもあったと反論します。

 

そんな彼女にIKKOさんは、こうアドバイスします。

「うつ病なのに片付けろとは言わないが、相手のことが好きで、相手(の性格)が変わらないなら自分が変わるしかない」
「自分の人生で何か掴みたかったら1つくらい捨てなさい」

IKKOを激怒させた一言

すると生徒役の女性達から「ではIKKOさんは何を捨てたのか?」と質問がでます。

それに対しIKKOさんは一例として、美しさを手に入れる為に行った過度なダイエットによって、自分にとって最も大切な”髪の毛”の殆どを失うも、美しいカツラを作って乗り越えたという話をします。

これが「何かを捨てた話」かどうかは微妙なところですが、ここで一旦終わっておけば、話は割と綺麗に納まったはずでした。

 

ですが、ここである一人の生徒が放った言葉で雲行きが怪しくなります。

その言葉を放ったのは、タレントの八幡さん。

s yahata IKKO激怒の理由…「全力教室」でカツラを外して生徒に食って掛かるもぐだぐだ…彼女は過度なダイエットの話を聞いた感想をIKKOさんにぶつけます。

「IKKOさんは『無理しないで』と言った(注:『うつ病なのに片付けろとは言わない』の下りをそう解釈したようです)が、IKKOさんが一番無理をしている」

この言葉にIKKOさんはカチンと来たようで、怒り混じりの口調でその言葉の意味を尋ねます。

そしてここからIKKOさんの激怒が始まります。

次ページに続きます>>

1 2 Next >
このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事のトラックバック用URL