スポンサード リンク

 京都イチ予約の難しい店「祇園ささ木」について調べてみた。魔法のレストランにも出演!京都・祇園の名店「祇園ささ木」(正式には「さゝ木」)。

今回は、こちらのお店が気になったので色々と調べてみました。

何でも、京都イチ予約を取るのが難しいお店だそうです。

スポンサード リンク

なぜこのお店に興味を持ったかと言うと、本日10月21日放送「魔法のレストランR」の番組予告を公式サイトで眺めているとき、このような一文を見つけた為です。

京都イチ予約の取れない店「祇園ささ木」佐々木浩が、定番メニューの王道レシピを伝授!

定番メニューの王道レシピの方はあまり興味がありません(多分赤だしとかでしょう)が、「京都イチ予約の取れない店」というのは非常に気になります。

そこでこのお店について少し調べてみたのですが、中々面白いお店なので紹介してみたいと思います。

お店の紹介

店名: 祇園さゝ木

住所: 京都府京都市東山区八坂通大和大路東入小松町566-27

(地図はコチラ)

アクセス: 京阪祇園四条駅より徒歩10分 八坂通り沿い

料金: ランチ: 5500円、ディナー: 15000~25000円位

営業時間: ランチ: 12:00~12:30(L.O) / ディナー : 18:30~
定休日: 日曜・第2月曜・不定休

お店の雰囲気

s sasaki3 京都イチ予約の難しい店「祇園ささ木」について調べてみた。魔法のレストランにも出演!

なんとこちらのお店、Google Mapのストリートビューで店内まで侵入できます

高級感溢れながらも、とても落ち着いた雰囲気があります。

店内は割と広いのですが、1階にはカウンター席以外にテーブル席が2つしかなく、2階にも座敷が1つだけです。

 

ですが、カウンター席がすごいです。

16人が横一列に並ぶ、一枚板のカウンターは圧巻です。

料理

こちらのお店は京都を代表する料理店ですが、出される料理は純粋な京料理ではなく、魚介中心の独創的な和食です。

 京都イチ予約の難しい店「祇園ささ木」について調べてみた。魔法のレストランにも出演!

▲定番メニュー:醤油をハケで縫って食べる絶品トロ握り

 

ご主人の佐々木浩さんが生み出す料理の数々は、斬新で見た目も楽しく、お客さんを決して秋させません。

豪快なのに繊細な一面も併せ持ち、その味は緻密に計算されています。

お店を訪れた方々の感想によると、とにかく美味しいのは間違いないようです。

 

メニューはコース制で、内容は頻繁に変わるようです。

ご主人の佐々木さんが、常に最高級の旬の食材を仕入れている為、その時期最も美味しい食材を活かせる料理が出されます。

 京都イチ予約の難しい店「祇園ささ木」について調べてみた。魔法のレストランにも出演!

 

食べログで非常に秀逸なレビューを書かれている方を見つけましたので、紹介しておきます。

この店何が凄いかと言うと年間通じて切らす事無く全国の超一級食材を
集める事が出来る“仕入力”では無いでしょうか?ご主人は毎朝市場へ行っている
と馴染みの客と話していましたが、嘘ではないと確信しました。でないと不可能。
その昔、京都がまだ日本の中心だった頃、全国津々浦々から様々な食材が
集まり食文化が発展しました。今では東京が中心となりましたが、和食文化はまだまだ京都が中心。
そういった意味でこの店は最先端の「京料理」といっても過言ではないと思います。
これだけ、良い食材を集められては、地元の老舗旦那衆からやっかまれるのも無理は無い。
寿司が多かったが一度は行ってみる価値のある店だと思います。

 

お店の特徴

訪れたお客さんによって色々と表現は違いますが、こちらのお店の特徴的なシステムは「劇場型」と呼ぶのがしっくりくるように思います。

 

まず、こちらで食事を頂くには全て予約が必要です。

予約時間までに席に付き、”開演”を待つことになります。

 

時間になると、まずお店の料理人の方々全員が、お客さん一人ひとりに対して挨拶を行います。

その後、料理人の方々はパフォーマンスや説明を交えながら調理を行います。

料理を、味だけでなく目や耳でも楽しめる工夫がふんだんに盛り込まれているようです。

スポンサード リンク

コースメニューのそれぞれの品は、全てのお客さんに同じタイミングで提供されます。

つまり、お客さんが一斉行動をするということです。

食べるのが遅い場合には食べ終わりを待ってくれますが、他のお客さんを待たせることにもなるので気まずい思いをするかもしれません。
その点だけ留意しておいて下さい。

良く言えば一体感がある、悪く言えば強制されている感じがある、独特なシステムです。

 

ですが、このお店をレビューしている方の多くが、「ここで食べた後は幸せな気分になる」といった感じの感想を書かれています。

どうやら、多くの方に受け入れられているようですね。

予約について

基本は電話予約です。

運良くキャンセルが出ている場合には、当日予約も可能です。

「京都イチ予約を取るのが難しいお店」ということですが、普通は一ヶ月待ちくらいになるようです。

 

こちらのサイトからオンラインでディナーの予約も可能ですが、こちらはテーブル席・ディナーで、1日1組(3人~4人)のみの受付ですので、この記事を書いている時点(10月21日)で、12月4日からの予約しかできません。

まとめ

とても予約の難しいお店ですし、庶民が気軽に行けるようなお店ではありませんが、行った方の感想を読んでいると、非常に魅力的なお店で、一度は足を運んでみたいと思いました。

ランチなら5500円と手が届かなくもない値段ですので、近いうちに挑戦するつもりです。

それでは。

関連記事:


このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事のトラックバック用URL